かがわの名画座 『映画の楽校』

 「映画の楽校」事務局

 〒760-0013
 高松市扇町1-29-20
    中西博文
 携帯 (午後)
    090-9452-7229
 FAX 087-821-1882

校長と呼ばないで 


1. 始めに送られてくる会報はスミズミまで読破し、誤字脱字みつけたる時は、熱くならず、作者の心情を憂い、すみやかに訂正するべし。
2. 上映日は必ずカレンダーに書き込み、忘れぬよう三日に一度はチェックし、決して他の予定は入れぬよう心がける。
3. 仕事ある時は、すみやかに早退届けを出し、リストラ対象にならぬよう処理すべし。
4. かりにデートが入った場合は彼氏(彼女)をともない映画館に連れて来るべし。もし、不平を言う彼氏(彼女)ならば、気の毒だが早急に別れるべし。
5. お出かけの際は戸締りに気を配り、襟を正し、映画を見る気分を高揚させるべし。
6. どうしても見たくない映画の場合でも、「もしかして、掘り出し物?」と自らの気持ちを奮い立たせ再考すべし。それでも見たくないときは、勝手にするべし。
7. 入校に際しては、受付のスタッフに、にこやかなる笑顔を返し、入校すべし。
8. 楽校内では、嬉しくても走り廻らないこと。
9. 楽校内に例え動物好きといえども、イヌ、ネコ、馬のたぐいは持ち込まぬこと。
10. 楽校内においては、みな同行の志と心得、思い切って声をかけてみるはよし。意外な出会いとなるやも知れず。
11. 出席カードは大切に保管し、6枚たまる日を心待ちにすべし。
12. トイレは五分前にすませ、上映中はおしゃべりせぬこと。
13. 教室に入りたる時は、はやる心を静め、じっと目を閉じ、心を解放するべし。事前にパンフレットの解説を読むなどはもっての他である。
14. チャイムがなったら騒がず席につくこと。
15. 開映前の挨拶などは、どうせ大した話はしないので聞いている振りで聞き流すべし。
16. エンドマークが出るまでは席を立つべからず。ただし、凡作の場合はその限りにあらず。エンドマークもそこそこに椅子など蹴って意思表示すべし。
17. 上映後、心から感動した時は恥ずかしがらず、拍手するべし。
18. 感動は独り占めしてはならない。今度は夫を誘って来ようなどと思わないこと。なぜなら、夫は先ほどからあなたの傍らの席に座っているからなり‥別な女性と。
19. アンケートは必ず記入し、まとまらない場合は後日送付すべし。
20. 帰宅した後は、ゆっくり風呂につかり、貰ったテキストで復習すべし。テストに出ないからと気をぬくことなく、今日一日の幸福に感謝し、明日への活力とすべし。
21. 最後に、「この心得はけっして人に漏らさぬこと。たとえ会員といえど、この心得を守ろうなどと思うは、真に心得違いなり!

  Copyright (c) 2008-2016 Eiganogakkou. All rights reserved.